親子運動プログラム「めざせNO.1」

倉敷で親子での運動を通して「勉強も運動もできる子」を目指し、目標をクリアする力と自信と親のサポート力をつけよう!「考えて動ける子」を育てよう!

11月の予定は「上る」です

50分でやる気と進化を手に入れてみませんか?

大人向けの「めざせNO.1」も不定期で開催しますので大人だって子供たちに負けない元気な体を目指しましょう!

土曜日11:00~ 日吉会館で開催中です

水・木曜日18:00~・日曜日9:30~マスカットスタジアム横にて開催中!

冬休み春休み夏休みなどは不定期で開催しております。

家でだらだらしてる子を外に連れ出しましょう!

運動が苦手な子が楽しく動きたくなる時間を作ります

ゴルフやテニス、バレーやバスケット、サッカーや野球、水泳や自転車、ホッケーや陸上競技、剣道や柔道、バドミントンや卓球、スキーやスノボー、スケートなどの上達に欠かせない基礎トレーニングも楽しく親子で行います

大人も子供も今やっている競技で伸び悩んでいる原因を探り克服していきましょう

現在はまだまだプライベートで出来る日が多いです

その子の悩みにあった楽しいプログラムを考えてますので、ぜひご相談ください

ジュニアアスリート向けの体幹を意識しながら運動能力を高めるクラスや、運動が苦手な子の楽しく運動能力を高めるクラス、運動が出来る子と苦手な子が一緒に遊ぶクラス、お父さんが頑張るクラス、障害のある子も一緒に楽しめるなどその日の参加者によってクラスの内容が変わります

どのクラスもどの子たちも楽しんで皆で声を掛け合いながら充実した時間を送ることが出来るように工夫しておりますので一度試してみてください

屋外 水木曜日18:00~18:50

   日曜日祝日9:30~10:20・長期休み中(時間は応相談)

場所:倉敷市マスカットスタジアム横

雨天決行

 屋内 土曜日11:00~11:50

場所:日吉会館 

持ち物:タオル・飲料水・縄跳び

※面接希望の場合は事前にお母様お父様だけでも面接をいたします

 お子様の特性や親御さんの悩みを事前にお伺いできると助かりますお気軽にお問い合わせください

※小学生主体ですが、中学生以上、大人の参加もOKですのでお問合せください

※屋内屋外ともに場所の変更有

※料金は親子2名2500円~(1名追加につき500円加算)無料体験等なし

 ※めざせNO.1の大人一人参加1回50分1人1500円

 

定員:4家族 1回50分の教室 2500円~/1回(大人1人と子供1人セット価格)一人追加ごとに500円

 

無料体験の設定はございません

 

小中学生メインの親子運動プログラム

遊びを織り交ぜながらトレーニングし、瞬発力と体力やコーディネーション能力の強化をはかります

「リレーの選手になりたい」「レギュラーの座をとりたい」「体育が出来るようになりたい」「足が早くなりたい」などの目標サポートします

「走り方がおかしい」「階段を上手に下りていない」など気になるお子様の動きの原因を探ります

あらゆる競技の基礎となる体幹や運動能力の強化を図り、弱点の克服とレベルアップを目指します

子供の夢や目標を近くで見守る親のサポート力を養います

子供と動くことにより大人の運動不足の解消をはかります

運動する機会を作り、健康な身体づくりをサポートします

良い姿勢と体力の強化という基礎を今のうちに作り、高校受験、大学受験で踏ん張りのきく体力と集中力につなげます

特に運動不足のお父様の参加はお勧めです(「私だって俺だって出来る!」をぜひ運動会以外でもわが子に見せてあげてください)

大人1名でのトレーニング目的の参加も受け付けております(学生の頃のように運動したいけど、一人でのトレーニングでは物足りない方おすすめです)子供たちと競争しながらチャレンジする楽しさを思い出ししましょう

残って練習したくなっちゃうこと間違いなしです!

 

 

 

※めざせNO.1の注意事項

  • 小学生のご家族様お子様の参加OKですが、メインは小学生なので小学生未満のお子様は親御さんがしっかりと見ながらの参加になります
  • 親御さんは出来る範囲での参加及び補助ですので、無理せずご参加ください
  • 2500円は親子2人で1回の金額です 兄弟姉妹両親の追加は一人につき500円です(3歳未満は参加困難ですので料金は発生しません)3人3000円・4人3500円
  • 無料体験等の設定はございません
  • 年齢や特性の有無はご相談ください(小学生がいなくても少し障害があっても参加可能です) 
  • 雨天中止振替なし(中止の場合はあらかじめ連絡します)
  • 親子での開催時のみですが、大人の一人参加も受け付けております 50分お一人1500円です 子供達と一緒に楽しく遊びながらトレーニングしませんか?
  • 長期休業中は時間相談します

11月の予定 めざせNO.1

 

11月  2(土) 3(日) 4(月) 6(水)

7(木)

10(日) 13(水) 14(木) 16(土) 17(日) 20(水) 21(木) 23(土) 24(日) 27(水) 28(木) 30(土)
  14:00~(屋外) 松山 相談 18:00~(屋外) 18:30~(屋外) 9:30~(屋外) 18:00~(屋外) 18:30~(屋外) 8:30~(屋内) 9:30~(屋外) 18:00~(屋外) 18:30~(屋外) 8:30~(屋内) 9:30~(屋外) 18:30~(屋外) 18:30~(屋外) 8:30~(屋内)

  屋内は日吉会館 屋外は倉敷市内指定公園  (土)11:00~は障害のある子の受け入れあり


 今の子供たちは外で遊ぶ子も少なく、習い事もたくさんしています

もちろん習い事の場所までは車の送り迎え

空いている時間はゲームばかり

子供の外で遊んでいる時間は私たちの子供のころに比べて極端に減っています

姿勢を維持する筋肉がなく姿勢の悪い20代も増えてきました

今の子供たちは、運動を出来る子と出来ない子の差が極端だと感じます

運動が出来ない子は、スキップやジャンプすら出来ません

後ろに走ることも、片足でバランスをとることさえ出来ないんです

このままでは骨粗鬆症での骨折や転倒で若くして亡くなる人が増えていくのでは?と心配になります

我が子がジャンプしているところスキップしているところを見たことはありますか?

走っている姿を運動会以外でビデオカメラを通さずに見たことがありますか?

運動能力は中学生くらいまでにめざましい発達をします

この時期は目に見える成果を容易に実感できます

このプログラムを通して、子供たちに可能性への挑戦が出来る自信を獲得してもらい、その経験を持って目標に向かえる力ととコミュニケーション能力の獲得をめざします

子供たちには日常の少しの時間で小さな場所で遊べることを知ってもらいたい

親御さんには、子供たちが挑戦への1歩を踏み出す時に見守り背中を押してもらいたい

親が見ていてくれることは子供にとってうれしいことです

親ががんばってる姿もなかなか子供には見せられません

いつも言ってばかりではなく、「一緒に頑張ろう」を実感できる場を作っていきたくてこのプログラムを作っています

ゴールデンエイジの成長著しい今を生かして、親子の関係や子供の健康な成長を促します

子供が頑張るために親子ともにサポートをすることを目的としています

他の体操教室とはコンセプトが全く違います

運動が出来るようになればOKではありません

子供だけを置いていく習い事ではありません

異年齢の子が入り、兄弟での参加を歓迎しています

兄弟げんかで中断することもありますが、それも含めてプログラムです

親も子供も出来る子も出来ない子もみんなで作り上げていく教室です

子育てが楽になるヒントやきっかけがたくさんちりばめられていると信じています

子供が自立する力を信じることで、親子の関係が変わり理想の距離間での子育てができる家族を作ります

遅い時間や土曜日は、ぜひお父さんに参加してもらいたいとの願いで設定しています

面倒かもしれませんが、賛同していただいた親御さんと一緒に良い時間を作りたいと思っていますので、興味を持たれた方は是非一度ご連絡ください

親子で参加することの意味

子供と一緒に遊ぶ時間

小学校入学前は子供と一緒に公園に行くことは多いですよね

でも、小学校に入ると公園に行ってお母さんお父さんと遊ぶってなかなかしないもの

買い物に連れて行ったり、週末にお出かけはあるものの、ただ公園に行って遊ぶ機会は少ないのでは?

子供はパパママが大好きです

パパとママがいれば、ゲームがなくても遊具がなくてもいいんです

パパとママが見ていればなんだって楽しいんです

そういう時間が増えると、気持ちが満たされます

ゲームは、時間ばかり使って心が満たされることはない

一緒にいれば散歩だっていいんです

「空が青いね」「花が咲いてるね」「鳥が鳴いてるね」

そんな会話をしてみてください

参加するだけで、そんな時間や会話が増えるはず

反抗期だと思っていても、実は甘えたいだけかもしれません

甘えたいなんて、中学生までです

これを機会に親子で心豊かな時間を作りましょう

 

 

認めてもらうこと

お母さんお父さんに褒められることは、子供にとって認めてもらうこと

これとは別に他人に褒められることは、社会に認めてもらうこと

どっちもうれしいけど、どちらか片方じゃ満たされない

親子で参加していれば、出来たこと褒められたことは、他人にも親にも同時に認識される

他人に褒められてる自分を親に見てもらえることで、自信が持てるようになる

お父さんお母さんや兄弟姉妹が頑張ったことを褒められると悔しいと思うことも、誇りに思うこともある

それは、相手を認めること

認めて認められて親子で自信をつけていきます

認められることは誰だってうれしい

そのうち、認められるために何をすべきか?自分で考えてくる時がきます

目標に向かって自分で考える事が出来るようになります

 親が言わなくてもできる子になる時を信じて認めてあげましょう

人をけなして自分を維持するのではなく、人を応援して素敵な自分に胸を張れる日が来ると思います

考えて遊ぶこと

今の大人たちが子供のころは、子供たちで何もないところで遊んでいましたよね

ローカルのルールや、小さい子や出来ない子でも一緒に遊べるルールを自分たちで考えて楽しんでいたはず

今の子供たちは遊具がないとゲームがないとお友達とは遊べない

お友達のおうちでも、ゲームをしてますよね

ゲームはみんな一緒のルールです

小さい子も大きい子もできない子も関係ないんです

一緒に遊ぶ相手がどのくらいできる子なのかを判断して、どんなルールを作ればみんなで楽しく遊べるかを考えるのは、子供にとってはものすごい大変な作業です

正直、いきなり出来るはずもない

大人が子供と同じ動作をすることで、子供でも大人でもそれほど差がないことやものすごい差があることがあるんだと知ることが大切

大人同士子供同士でも違うことに気づき、年齢が違う子に他の子や大人ががどんな声掛けをしているかを見ながら、楽しく観察力コミュニケーション能力を高めましょう

 

特別じゃない

親子で喧嘩、兄弟で喧嘩、やりたくないと逃げたり、出来たらできない下の子を馬鹿にしたり、下の子は容赦なくたたかれたり、気が強くて言うこと聞かなかったり、毎日問題ばかりで子育てって大変です

投げ出したくなる時だってある

「うちの弟とあそこの弟交換してほしいわ」なんて、子供時代に思った人もいるはず

でも、ほかの家だってみんな大変

兄弟喧嘩すごいな、反抗期だな、お姉ちゃんがほしいと思ってたけど怖いなとか参加しながら思うことはたくさんあるはず

結局どこの家も隣の芝が青く見えただけ

子供だって、お母さんが一番だと思う

そんな当たり前のことが分かると、子育てが少し楽になる

子供の動かし方も、家庭それぞれみんな違う

お母さん同士で話をしても、実際の親子関係なんて想像もできないけど、この教室では放っておいても見えてくる

いいところは盗んで、悪いところは内緒でやめていきましょう


「ゴールデンエイ」って何だろう?

ゴールデンエイジって最近よく聞く言葉です

小学校高学年の8歳くらいから中学1年生12歳くらいまでのこと

脳からの指令で体を動かす回路が生きてる中で一番発達する時期です

この時期にいろいろな動きやスポーツをすることで自分の体を自分の思い通りに動かせるようになります

もちろん、12歳過ぎてからでも理解力の向上によりこの回路は発達しますが、この時期ほどではありません

縄跳びや自転車などこの時期に出来たものは一生ものです

出来たイメージ通りに体を動かす事が出来るようになることが運動能力アップのカギ

幼児期の体操教室を高学年まで続けている子は塾やほかの習い事の関係で意外と少ないですが、本当は高学年こそ運動をいろいろやるべきかもしれません

小さいうちから、1つの競技に打ち込むことも素敵なことかもしれませんが、塾や部活動で忙しくなる前に色々な体の使い方を身に付ける事はほかの何にも代えがたい事かも

ぜひ、この時期にいろいろな運動にチャレンジして頭と体を使ってください

ちなみに、小学校低学年時期をプレゴールデンエイジなんていいます

この時期は理解力はまだまだですが、回路の発達は目覚ましい時期

「体を動かす事は楽しいぞ!」遊びながら回路の発達させ、なんでもチャレンジできる心を作ってゴールデンエイジに備えましょう

「考えて動ける子」ってどんな子?

考えて動ける子って、どんな子でしょう?

親としては、いい子に育てたい

いい子とは、親の言うことを聞く子かもしれません

でも実際、社会に出たら上の人の言う事だけを聞くだけでは仕事は出来ません

自分の意見を判断で実行できないと困ります

親の言うことを聞くいい子は、親の意見が正しいと信じています

親は、大人だし子供より知っていることも沢山あります

きっと正しい道かもしれません

でも、それでは自立できないのです

自分で考えて自分で動くには、自分を信じる力が必要です

自分を信じて自分で目標に向かえる子を運動を通して育てていきます

子供の正しい道を懸命に探す子育てから、子供の背中を押してあげる子育てにシフトしてみませんか?

めざせNO.1成果・感想

 

  • 身体が硬かったのが柔らかい方へ変わり足もほぼ180度に開くようになりました
  • 自信がついて色々な事にチャレンジ出来る様になった
  • 親が引っ張って動かしていた子が自分の意志で物事を決めて動くようになりました
  • 何年も徒競走でビリ争いをしていた子が1年でリレーの選手になりました
  • 5月の運動会で運動が出来ないことがストレスでたびたび熱を出して学校を休んでいた子が、学校を休まなくなりました
  • 出来ない子を馬鹿にして笑っていた子が、出来ない子を応援できる子になりました
  • お母さんを馬鹿にしていた子が、お母さんのダイエットに付き合うようになりました
  • お母さんのむくみが取れてスッキリしました
  • 教室の途中で出来なくなるといなくなっていた子が、学校の休み時間に練習してくるようになりました
  • 勉強も運動もお姉ちゃんには勝てないと両親に思われていた子でしたが、お姉ちゃんに勝ちたいと思ったそうです
  • どこのおうちも喧嘩がすごいと分かって、親子ともに安心しました
  • 自己肯定力が低く「私なんてどうせ」と言っていた子ですが、人を羨むことがなくなりました
  • 家族で動くことが増えて、子供の動きに関心を持つようになった
  • 「私は努力して出来るようになった」と出来ないことも練習すれば出来ることを実感して分かることができた
  • 活動的になった
  • X脚が治った
  • いじめられていた子ですが、自分に自信がついていじめられても言い返せる強さが身に付きました
  • 頑張る意味が分からなかった子が、毎回変わっていく自分のために食事運動面を自然に気にするようになり痩せて何に対しても前向きに向き合えるようになりました
  • 持久走大会で順位が上がった
  • 運動会が今までで一番楽しかった!
  • 太っておばちゃん体系だった子がスッキリした
  • なんでも諦めていた子が勉強に集中して取り組むようになった
  • 動くことが嫌いだった子が、行きたい!と自分でめざせNO.1に参加することが親にとっては嬉しい

   など