教室の開設にあたっての思い

私自身は小学生の時はずっとリレーの選手

中学生から器械体操をしていました

自分自身は運動が好きで出来て当たり前な子供時代を過ごしてきました

母になって長子はよく動き歩き遊ぶ保育園にいきました

しかし、全く運動が出来ない小学生

何もないところで転んだり、徒競走もクラスでビリを競っていました

食べることが大好きで、身体もどんどんと横に大きくなりました

二子もいつになっても階段を上手に下りれないし、その場でジャンプが出来ない

二人とも、走っていても足が前に出ていませんでした

なぜ出来ないのか私には理解が出来ませんでした

あまりの出来なさにお友達の子供たちと我が子のトレーニング開始

なぜ出来ないか?どこが苦手なのか?と徹底的に子供たちを見ました

もともと自分の姿勢が悪く姿勢に興味があったので、我が子に何かできないかと思いピラティスインストラクターの資格を取得

身体を作るための食事にも興味がわきアスリートフードマイスターの資格を取得

今もいろいろ勉強中です

運動が大好きでも何もできなかった学年でも走るのが遅いわが子達が、すらりとしなやかな身体を手に入れクラスでも1.2番を争う運動の出来る子になりました

まだまだ開拓中ですが、今は自分の努力で勝ち取った身体や動きに自信を持ち、目を輝かせて目標を持ち日々を過ごしています

何をやっても出来ないに決まっているとあきらめていた小学校低学年の頃が嘘のようです

運動ができるようになることや、親子で運動することが、これほどの効果をもたらすとは、私自身初めは想像もしませんでした

子供たちに目を輝かせて成長してもらいたい

皆の生活が楽になる手助けをしたい

そのために何が出来るか?日々考えています

大人の生活が楽に豊かになる事、ケガをしない元気な体と精神を獲得していくことはもちろん、運動が出来ない子の気持ちに寄り添って、出来る子のやりたい気持ちもどんどん盛り上げて教室を続けられたらうれしいです

当たり前ですが知っていますか?

体育の先生や体操の先生は学生時代に運動が出来た人ばかり

正直、運動が出来ない子の気持ちなんて理解できないと思います

運動が苦手な子が学校でどんな気持ちでいるか分からないんです

それが当たり前

少し前まで私もそうでした

運動会で「あいつじゃだめだな」って皆に言われている子の気持ちなんて、想像もしてませんでした

この教室には、運動の出来る子も出来ない子も出来るようになった子もいます

運動が出来る子にとって出来ない子は邪魔に思えることもあるかもしれません

でも、出来ない子が出来るようになってまた自分と同じような喜びを自分の声がけで他の子に味わってもらうことが出来たらどんなにか自信になるでしょう

初めからできる子も、出来ない子を見ることやアドバイスすることで、集中力や観察力が養われます

出来ないであきらめていた気持ちを経験する事も、そこから努力して出来るようになった過程もすべて素晴らしい宝だと思います

そこには運動神経抜群の先生には分からない優しさと強さがあります

しっかり寄り添え成長させる自信はあります

体育の得意な先生が運動の楽しさを教える教室ではなく、楽しく親子で動く時間をサポートする教室です

ついでに、運動も勉強もできる子になっちゃいましょう

「めざせNO.1」の努力で勝ち取った物は子供の自信、子育ての自信に変わります

今運動や勉強が苦手でも得意でも関係なく、アスリートにだって医者にだって消防士にだってなれると思える心を育てます

考えて行動できるかっこいい大人をいくつになっても目指してほしいと思います

きちんと見ていますか?

いつも家事に育児に仕事にと本当に忙しいお母さん

もちろんお子様のことを思ってやっていることばかりで自分のことは後回しです

毎日仕事で遅くなるお父さん

平日は子供の元気な時間には家にいないことも多いですよね

そんな中でもお子様は日々成長します

みなさんお子様が初めて歩いたときは記憶にありますよね

でも、今「どんな姿で走っているか?」「どんな姿勢で立っているか?」「階段をどうやって下りているか?」「どのくらい柔軟性があるのか?」知っていますか?

すぐに想像できる人はなかなかいないと思います

そうなんです

実は毎日見ているようで我が子のことを一生懸命やっているようで、我が子をしっかり見ている人はそれほど多くないのです

公園で遊んでいても、小学生以上の親はそれほど我が子の動きなど見ていません

どこに行ったか?ケガしていないか?を確認するだけで、子供の体の動きを気にする人はいないのです

この教室に参加すると自然に我が子の動きに目が行くようになります

そして、それは親御さん自身が自分を見つめる時間を持つきっかけになります

親子や家族の会話が増え、気持ちの余裕ができます

ピラティスも体操教室も結局は大人の自分の時間を作るためのプログラムです

あれ?

子供の体操教室のはず・・・

そう、人格形成の基礎である家庭がガラリと変わる画期的なプログラム

子供も自分も見てあげることの大切さを知りましょう!